養護学校を卒業しました!

アキタヒロ

こんにちは、イラストレーターのアキタヒロミです。

小学5年生の時、足の疾患の治療のため療育センターに入院、養護学校で過ごした2年間。

振り返ると、今の私を形作るのに多大な影響をあたえてくれたあの頃のことを、思い出しながら綴っています。 

私が経験したのは、もう30年以上も前のこと。

医療も、環境も古いお話になりますが、当事者の方、支える家族の方の気持ちがちょっぴり楽になったり、何か少しでもお役に立てるようなものになると嬉しいです。

私の足のこと

◾️生後3ヶ月健診で先天性股関節脱臼の診断
       ↓
◾️ギプス、リーメンビューゲル(装具)で治療。
 後遺症として臼蓋形成不全、変形性股関節症
       ↓
◾️10歳まで経過観察で月1回通院
       ↓
◾️11歳、12歳 2年間で3回の手術。
 療育センターに入院し、廊下で繋がった養護学校に通学。
       ↓
◾️中学入学のタイミングで退院しましたが、完治せず。
 療育手帳には「当分若いうちは痛みなく歩ける見込みです」と書いてあります。
       ↓
◾️その後、無理をすると痛むこともありますが、今のところ日常生活はとく不便なく過ごしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・